So-net無料ブログ作成

ハリル・ジャパンン4発でイラクを撃破! [頑張れ日本代表]

しんちゃんのサッカー情報!

久しぶりに日本代表の記事を書きます。
いや~!実に気持のいい試合を見せてもらいましたぁ~[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
皆さん、どうでしたか?

若手主体といいながら、岡崎、本田、香川、長友がしっかり支えている!
実にいい感じです。[わーい(嬉しい顔)]
特に、目立つのが、宇佐美でしょう![目]
ものすごく、いいセンスをしてます、、
それに、もはや、仕事師にさえ見える柴崎![グッド(上向き矢印)]
そして、今、話題の武藤。[るんるん]
海外組に頼っていた形から確実に変わりつつあります。[グッド(上向き矢印)]
いや、覚醒しつつと言っても過言ではないでしょう![手(チョキ)]
それだけ期待が持てる代表に生まれつつあります。
実に嬉しいですね!すばらしい!!
松木のコメント風に、、、

試合も前半からイラクを圧倒し、後半は温存する余裕。
まさに、アジア王者的試合内容でした。
特に覚醒したのが、タテへのパスと攻撃です。

前半32分、宇佐美がドリブルで3人を引きつけてスペースをつくり、フリーの岡崎にキラーパス。[るんるん]
そして、ゴールネットを揺らした。[手(チョキ)]
ゴール!ゴール!ゴーール!!

まさに、これぞ、ハリルジャパンが目指したサッカーだった!
本当に見事な連携でした。
あっぱれ~![手(パー)]

イラク戦本田シュート.jpg

そして、主力の本田や槙野、原口もシュートを決めた。
特に、本田にキラーパスを出したのが、やはり柴崎だ![わーい(嬉しい顔)][るんるん]
まだ、ラモスや中田ヒデまでの存在感は無いが、時間の問題だと思う![ひらめき]

もう、大大大満足の試合でした。[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
ただ、唯一、ディフェンス面に若干不安が残る感じではあったけど、、[ふらふら][バッド(下向き矢印)]

みんな、どれもファンタステックなゴールでした![手(チョキ)]

では、次回、ワールドカップ予選で会いましょう!
それまで、皆さん、アディオス![手(パー)]

頑張れ!ニッポン![手(グー)]
負けるなニッポン!![手(グー)][手(グー)][グッド(上向き矢印)]

以下、関連記事。


ハリル監督、どや顔3戦全勝!日本サッカー抜本から変えた

国際親善試合キリンチャレンジカップ2015 日本4―0イラク(11日・日産スタジアム)
バヒド・ハリル10+ 件ホジッチ監督(63)が、史上3例目の初陣から3連勝(国際Aマッチのみ)を飾った。18年ロシアW杯アジア2次予選前最後となる親善試合で、アジア杯4強のイラクを4―0と圧倒。1963年、72年の長沼健監督以来、43年ぶりの記録になった。途中出場したMF原口元気(24)=ヘルタ=が代表4試合目で待望の初得点。縦への意識が磨かれた「ハリル10+ 件・ジャパン」は、勝ち続ける。

 縦に速いパスが通り、選手たちは裏を狙う。ハリルホジッチ監督が植え付けた“縦への意識”がピッチで次々と描かれた。前半5分、イラクの背後を狙った柴崎のパスを本田が沈めて先制するなど4―0とイラクを圧倒。「スペクタクルな試合だった。数年前からやってきた方法を抜本的に変えた。動きながらワンタッチ、ツータッチするように言った」。ボール保持にこだわったザック・ジャパンとは違った強化方針。「個人の能力を組織に生かす。それが強豪国への道だ」。後半ロスタイムに入る直前、勝利を確信した指揮官は、ベンチで選手、スタッフとハイタッチを繰り返した。

 試合前に宿泊先ホテルの美容室で髪を切り、気合を入れて臨んだW杯予選前最後の試合となるイラク戦。相手のコンディション不良もあり、前半9分で2得点を挙げ勝負を決めるとシュート数20対3で4―0と圧倒した。日本代表監督としては国際Aマッチで初陣から3連勝は43年ぶり。「予選に向け素晴らしい準備ができた」。後半投入の原口も得点するなど交代策も決まり「競争意識が高まった」と胸を張った。

 就任後3月の2連戦で2連勝。縦への意識と球際の激しさを口を酸っぱくして伝えた。今回の2連戦に向けては欧州視察で海外組と会食し個別の改善点を指摘。6月8日からの代表拘束期間を前に、1日から海外組のみの合宿を組むなど抜かりはなかった。戦術練習はわずか1度だったが、選手たちは“ハリル10+ 件の考え”をしっかり理解し結果を出した。

 16日にシンガポールを破れば史上初の新体制4連勝を達成する。「勝利、勝利という道を続けていきたい」。いよいよ幕を開けるロシアへの長く険しい道のり。指揮官の頭の中に「負け」の文字はない。(斎藤 成俊)

サッカー・ハリル日本「若手」活躍でイラク圧倒!本田「僕もポジション争い」

11日(2015年6月)に行われたサッカー日本代表とイラク代表の「キリンチャレンジカップ2015」では日本の若い力が活躍した。ハリルホジッチ監督はこれをワールドカップ最終予選につなげていく考えだ。

ハリルジャパンで初先発となった23歳の柴崎岳は前半5分、ロングパスから本田圭佑のシュートを導き出した。本田の動きをしっかりとつかんでいた観察力がモノを言った。

23歳の宇佐美貴史は前半32分、得意のドリブルで3人を引きつけてスペースをつくり、フリーになっていた岡崎慎司のシュートにつないだ。見事なお膳立てだった。

24歳の原口元気は後半39分、ロングパスからのこぼれ球に素早く反応し、ドリブルで突破してディフェンダーをかわし、ゴール左すみにシュートを決めた。

槙野智章のゴールもふくめて日本は4-0で圧勝した。本田は「若い選手がどんどん出てきて
本田は「若い選手がどんどん出てきて戦力が高まっている証拠です。
僕自身も自分のポジションで結果を出して、いい競争をしたい」と語った

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。