So-net無料ブログ作成
検索選択

久々の中華街!萬珍楼別館で小籠包を食す! [グルメ情報]

しんちゃんのグルメ情報!

先日、横浜に行った帰りに、中華街によってきました。[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]
あまり、ガツガツ食べる感じではなかったので、飲茶にしようかと、、、
そして、専用駐車場がある萬珍楼さんにIN。[るんるん]
聞くと、別館の方が飲茶専門であると言うので、別館に行きました。↓

DSC_001.JPG

DSC_002.JPG

結構、立派な店構えである![目]
少しびっくりした、、[ひらめき]
そして、店内に入ると、案内係が席を案内してくれた。
ピアノの音色が流れてきて、デートに向いている感じである、、[耳]

DSC_002-1.JPG

でも、中華料理店でピアノがある店は初めてである。[わーい(嬉しい顔)]
メニューを見て、まずは、名物である小籠包を注文
で、来たのがコレ↓[目]

DSC_003.JPG

DSC_004.JPG

やはり、肉汁がジュワーッと出てくる。[グッド(上向き矢印)]
TVで見るほど、熱々ではなく普通に食べれた。
うーん、まあまあである、、[わーい(嬉しい顔)]
驚くほど美味しい感じではない。
そして、どちらかと言うと次に注文した麻婆豆腐に期待をしていた。
そして、来たのがコレ↓[目]

DSC_005.JPG

一見、四川風ではあるが、食べてみると、そんなに辛くはない、、
でも、山椒が少し効いている感じかな?
それにしても、小を頼んだのに結構なボリュームである。[ふらふら]
食べきれなかったので、残りをお持ち帰りした。
そして、〆に大好きな海老そばを注文!
以前、関内にある生香園で食べたら、美味しかったので、、
そして、来たのがコレ↓[目]

DSC_007.JPG

うん、見た目は、いい感じである。[ひらめき]
まず、スープを一口。
ダシはほとんどない感じだが、素朴な味である。
麺は、中国麺の丸い感じではなく、少~し、平打ちっぽい感じ。
そして、メインの海老を食す↓

DSC_008.JPG

うん、これは、美味しい![手(チョキ)][グッド(上向き矢印)]
どことなく、芝海老っぽい感じ。
でも、海老以外は、普通かなぁ~
もう少し、スープにダシが効いていれば、もっと美味しいのになぁ~[ふらふら][バッド(下向き矢印)]
惜しい、、

かなり満腹になったので、ここでフィニッシュ[手(パー)]
総評価点は70点というところかな?
ピアノ等の雰囲気を含めてである。[たらーっ(汗)]
料理自体は、60点ぐらいかなぁ~[わーい(嬉しい顔)]
帰りに、聘珍楼で、くるみ入りの月餅を購入し、帰路に着いた。
次は、四川で有名な重慶飯店で麻婆豆腐を食してみたい、、

では、また。[手(パー)]


今秋、最初のアジ&サパ船で金アジ&トロサバ狙い! [海釣り情報]

しんちゃんの海釣り情報!

先日、今秋、初の乗合船に乗船!
TVではおなじみの木更津沖の金アジ&トロサバを求めて、いつもの船宿(吉野屋)から乗船。↓

画像ー1-1.jpg

昨年は、トロサバ船の午後便に乗船し、爆釣したのを想い出し、まさに同じタイミングで船に乗りました。
仕立て船が先に出港した後、定刻の7時に出船。↓[船][ダッシュ(走り出すさま)]

DSC_001.JPG

DSC_002.JPG

東京湾へと幾つもの桟橋をくぐりながら進みます。↓
しばし、景色をお楽しみください、、[わーい(嬉しい顔)]

DSC_003.JPG

DSC_004.JPG

DSC_005.JPG

DSC_006.JPG

DSC_007.JPG

DSC_008.JPG

DSC_009.JPG

DSC_011.JPG

DSC_012.JPG

羽田から離陸した旅客機をパチリ![カメラ]
出港して30分、最初のポイントに到着。↓

DSC_013.JPG

おおっ、昨年と全く同じポイントではないか~[るんるん]
これは、期待がめちゃめちゃ膨らむなぁ~
と、ワクワクしながらの第1投、、、[ダッシュ(走り出すさま)]
ん?何の反応も無し、、
そして、第2、3投。
んんっ?
あれ~っ![たらーっ(汗)]
昨年とは全く様子が違うぞ、、、
いっくらコマセを撒いても、指示ダナを変えても、いっこうに当たりがない!
20~30分程度、釣行しても全く反応がなかった、、、
う~っ、これはイヤな予感。[たらーっ(汗)]
しかし、移動する少し前に、やっとコツコツというカワイイ当たりが、、[ひらめき]
やっと、小アジを1尾ゲットした。(15㎝ぐらいか?)
そして続けて3尾を1尾づつGETした。
しかし、昨年、大爆釣していたポイントで釣れないとは、、[たらーっ(汗)]
何か嫌な雰囲気である。[あせあせ(飛び散る汗)]
そして次なるポイントへ移動。↓[船][ダッシュ(走り出すさま)]

DSC_015.JPG

おおっ、、[目]
なんとなくシーバスがいそうなポイントである。
しかし、ここでも、いくらコマセを撒いても、当たりがな~い![あせあせ(飛び散る汗)]
着底して、数分でまたまた、移動。
午前中は、この繰り返し、、[ふらふら]
泣きそうである、、、[もうやだ~(悲しい顔)]

そして、13時を過ぎて、最初に行ったアクアラインの排気こうのポイントへ!↓

DSC_014.JPG

すると、今度は午前中とは明らかに違う状況に~[ひらめき]
多分、潮が流れ始めたのかもしれない、、[ひらめき]
後ろ側のアングラーからポツポツ釣れ出したかと思うと、左側も釣れ出し、すぐさま、爆釣モードに突入!
キタキタキタ~っ[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
トモの女性アングラーには、ななんと5連でアジがヒット![ひらめき]
そして、今度は、右隣の親子づれの子供に6連でサバ付きのアジがヒット![ひらめき]
おいおい、マジか~[あせあせ(飛び散る汗)]
因みに、お父さんは、雰囲気が”イッセー尾形”にどことなく、似ている、、。[目]

そして、間もなく、小生の竿にも、やっと当たりが来た~![ひらめき]
2連でアジをゲットした。[手(チョキ)]

なぜ、他が5連とか6連なのかって?
それは、船内で販売していた仕掛けがサビキ用であって、6本針だったのである。
私のは、通常の天秤用の仕掛けなので2本針。
だから、当然の結果である。
6本針を売ってるなんて、それ、早く言ってよぉ~[パンチ]
通常は、アンドンビシ(コマセ+オモリ)を上にして、天秤の下に仕掛けをセットするんだけど、船内の仕掛けは、それとは異なり、堤防釣りでよく使用する胴つき仕掛け用と同じものである。
だから、最下部にアンドンビシをセットする方法。
船釣りでは、初めて見る光景である。
今回は、この釣り方がマッチしたみたいである。
だから、5連、6連で釣れてくるのである。
まあ、当たりまえか、、

私の方も、最後に中サバが2連でかかり、ひとりおまつり状態に、、[あせあせ(飛び散る汗)]
それと、左隣の女性が流しっぱなしで、リールを全く巻かないので、案の定、おまつりが多発![もうやだ~(悲しい顔)]
仕舞には、ラインから切られる始末。[ふらふら]
まあ、サミングとかは知らないのだから仕方がなことであるが、、
でも、知っててもやらないだろうな~
ドボンと投げて終わりである、、[パンチ][爆弾]
それでも、幸いにも、最後のポイントで何とか数を稼いだので、まあまあの釣果で終わることができた。[わーい(嬉しい顔)]

今日の釣果:
 ・小アジ・・・11尾
 ・中アジ・・・15尾
 ・中サバ・・・・2尾
 ・その他、おまつり等のバラシ多数。

であった、、。

因みに、昨年は、トロトロな大サバが25尾であった。
今年は、サバが漁船に獲られてしまったらしく、皆無に近いらしい。[耳]
いわゆる、乱獲というヤツに近い。
だから、トロサバ船を今年は出せないらしい。
あ~っ、実に残念である![ふらふら][バッド(下向き矢印)]

帰港し、早速、船宿の流しで小ぶのアジが多いので、アジフライ&南蛮づけ用に捌いた。
中アジは、開きにした。
サバも小ぶりなので、焼き魚用に、、、

ここの船宿さんは、流し場で道具も洗えるし、魚も捌けるので、実に助かります。
数があまりにも、多い場合は、船員さんにお願いすればやってくれますよ。

そして、19時に無事に帰宅し、早速、アジフライや素揚げにして美味しくいただきました。

堤防→アジ船と来たので、次は、いよいよイナワラ、カンパチ、ブリ系に行こうかと思ってます。
その後は、ヒラメかな?[わーい(嬉しい顔)]

いや~、海釣りには、多彩な釣りものがあり、それぞれ道具も釣り方も船も異なるので実に面白い!
それに奥が深いです、、
人生、釣りに始まり釣りに終わる、、とか、へらに始まりへらで終わる等の名言がありますが、まさに、そのとおりだと思います、、
釣りは万国共通であり、戦争や争い、人種差別もありません![ちっ(怒った顔)][パンチ]

居酒屋に行くお金を節約してでも、行く価値はありますよ![わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
特に、これからの魚は、脂がのって最高の味になります。
是非、みなさんも、行ってみてはいかがですか?
最初は、キス船あたりからでも、十分、楽しめますよ~

DSC_020.JPG

最後に、帰の首都高からスカイツリーをパチリ!↑

次回の釣行も、乞うご期待!
では、また。[手(パー)]





今秋、最初の釣行は渋かった~! [海釣り情報]

しんちゃんの海釣り情報!

台風や爆弾低気圧も去り、やっと海が落ち着いてきたので、今秋最初の釣行へ行ってきました。
場所は、いつも行ってる、鹿嶋港北埠頭である。
今回は夕マズメ狙いで行ったので、昼過ぎに自宅を出発[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]
そして、4時前に鹿嶋港に到着。

さすがに、土曜日とあって、既にかなりの釣り人がいました、、[目][あせあせ(飛び散る汗)]

DSC_23-2.JPG

DSC_23-3.JPG

そして、空いてるわずかなスペースを確保して早速、準備に、、↑

DSC_23-1.jpg

久々に見る港の夕日は実にすばらしい![ひらめき]
思わず、"夕陽が泣いている"を歌いたくなる光景である。[カラオケ]

時間も無いので、早速、サビキの仕掛けをセットして第1投![ダッシュ(走り出すさま)]
少ししゃくりを入れて様子を見る。
がしかし、何の反応もなし、、[たらーっ(汗)]
そして、2投3投と何回か手返ししてみるが、いっこうに反応がない、、
う~ん、、[あせあせ(飛び散る汗)]

仕方なく、置き竿にして、少し周りの様子を見に行く。[目]
サビキよりも投げやルアーが多いようである。

でも、どこもかしこも、釣れている様子がない、、[たらーっ(汗)]
うーーん、今年は厳しいなぁ~[ふらふら]

そして、しばらくしていると、右側のテトラ方向から奇声が聞こえてくるではないか、、[耳]
急いで行ってみると、なんかのナブラが起きている。
そして、鳥山がいつの間にか出来ている、、[目][ひらめき]
ルアーマンが一斉にキャストし始めた![ダッシュ(走り出すさま)]
もう、港は大騒ぎである、、[むかっ(怒り)]
しかし、ナブラが堤防から少し距離があったためか、なかなかルアーにかからない、、[ふらふら]

そのうち、ナブラが沖の方へ移動したため、あたりが静かになった。
しかし、そうこうしている間に、その時は突然やってきた![ひらめき]
今度は、左側から歓声が聞こえてくる。[耳]
なっなんと、堤防の真下付近を左からナブラが来ているではないか、、[目]
しかも、バシャバシャと音を立てて近付いてきている~!
マジかぁ~![あせあせ(飛び散る汗)]

これは、チャ~ンス![グッド(上向き矢印)]
とばかり、慌てて、仕掛けを回収し手前に落とした。
すると、まさに釣り堀状態の如く魚がHIT![ひらめき]
そして、なんなく、3連で魚をGET![手(チョキ)]
見ると、20㎝程度の真イワシだった。[目]
ナブラの正体は、真イワシだったのだ。
脂がのった丸々太ったイワシである。(刺身サイズだな、、)
という事は、これを追って、青物が必ず下にいるはず、、、
そして、続けて仕掛けを落とした。

DSC_23-5.JPG

DSC_23-4.jpg

すると今度は、ナブラに来ていた、青物ではなく、なんとウマズラがヒットした!↑[ひらめき]
さらに、その下の針には、何とイナワラが、、(ほとんどワラサかな?)[目]
まさに、お祭り状態!
しかし、2尾では、重すぎて、仕掛けがヤバい![あせあせ(飛び散る汗)]
そして、案の定、一人おまつり状態になり、イナワラは最後の最後でバレてしまった、、、[ふらふら]
痛恨のラインブレイクである、、、[バッド(下向き矢印)]
うーーっ![もうやだ~(悲しい顔)]
なんてこった、、、
まあ、アジのサビキ用の仕掛けでは、バレるのも当たり前か、、、
流石にイナワラは厳しかった、、[ふらふら]
仕掛けから下は、持っていかれたのでオモリすらなかった、、、[たらーっ(汗)]

しかし、おかっぱりから、ウマズラが釣れるなんて、、、
釣りは、やってみないと何が釣れるか分からないものである。
以前、マトウだいやウマズラは船では釣った事はあるが、オカからは初めての体験である!

DSC_23-6.JPG

サイズ的には、40㎝ぐらいだろうか、、↑
まあまあのサイズである。[わーい(嬉しい顔)]
しかし、バレたイナワラは、50㎝以上はあったと思う。
実に惜しかった、、[ふらふら]
ルアーで投げていれば、GETできていたかもしれない。
まさか、ルアーでトップを狙うなんて、予想もしてなかったからである。
今度は、ルアーも準備して行こう。

それからは、全く反応がなくなり、夜八時まで粘ったが当たりはなかったので撤収。

今回の釣果:
 ・真イワシ・・・3尾(20㎝)
 ・ウマズラ・・・1尾(40㎝)
 ・小サバ・・・・1尾(小さすぎるのでリリース)
 ・その他、バレたイナワラ1尾(推定55㎝)

来週は後半に台風のウネリが来るみたいなので、次の釣行は、その後様子を見ながらとなる。
今度は、船に乗ろうかなぁ~?

次回の釣行も、乞うご期待あれ!

ではまた。[手(パー)]